スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マタニティバレエ 

バレエの世界も日々進化していますが、
いまいち進化の歩みが遅い分野もありますね。


バレエはプロもアマチュアも女性がとても多いのに、
妊娠している時期は、
皆さんどのようにバレエと付き合っているのでしょうか。


マタニティエクササイズは、ヨガや水泳、エアロビクスなど、
世の中に沢山あるのですが、
マタニティバレエというのは、まだまだ講座も少なくて、
しっかりと確立されてはいないようですね。


実は、私、現在5ヶ月のマタニティ中でございまして、
スタジオのレッスンに通うのはやめにしている最中であります。


それで、マタニティバレエ、という講座があれば受けたいところなのですが、
あまりメジャーにやっているものではないようですし、
そうかといって、スタジオに通って妊婦として参加するのは、
自分もまわりの人も大変なこともあるかな、と思い、
その手段は選ばなかったのですね。


というのも、今回が初めての妊娠でして、
しかも、年齢が高齢ゾーンに入っているものですから、
あまり無理をしたくないのです。


妊娠初期は、やはり体調がよくなくて、
安静にしている日が多かったのですが、
1ヶ月くらい前から体調が戻ってきたので、
これは、と思い立って、再びおうちバレエに励むことにしました。


でも、これから出産までは、普通のバレエはできないと思うので、
マタニティバレエとしてのおうちバレエを
やってみようかと思っています。


期間限定ですが、今しか研究できないことなので、
ちょっと、自分の体と向き合って、
どんな練習がいいのか、それで身体にはどんな変化があったのかなど、
確認しながら、練習法を編み出したいと思っています。


そもそも、子どもの頃からバレエをやってきた私にとって、
妊娠はとても恐怖の体験に思えてなりませんでした。
それは、太ってしまったり、体型が変わってしまったりして、
もうバレエを踊れる身体には戻れないのではないか、という恐怖心です。


でも、プロの方でも、普通に出産して、
また元通りの身体に戻して、バレエを続けている方も沢山いらっしゃるし、
そんなに恐れることではなかったのですが、
やはり、実母が出産してからずっと肥満体だったことを考えると、
人一倍、私も気をつけなければ、バレエに戻れない身体になってしまうぞ、と
戒める気持ちになってしまうんですね。


それで、私としてのテーマをひとつ決めました。
それは、
出産をするためのエクササイズとしてのバレエ」
ではなくて、
「踊る筋力と技術をキープして、太らないためのバレエ」
を目指すことに。


一般的なマタニティエクササイズというのは、
出産をするための、安産に導くための体作りとして、
普通のスポーツではない別メニューとして、
講座を設けて行っていると思います。


でも、私がやりたいのは、
妊娠生活によってバレエの筋力と技術が衰えないために、鍛え続けるバレエ
というものなのです。


なので、ほかのエクササイズと違って、
バレエ初心者の妊婦の方が、手始めにやっていい運動ではないかもしれません。
でも、私としてはなんとか筋力や柔軟性、技術をキープしつつ、
激太りすることなく、
脚や上半身に肉をつけずに、お腹だけ大きくしたい、
というもくろみで、バレエを続けたいのです。


さてはて、成功するのか、否か…。


というわけで、早速研究です!
数年前に出たバレエ雑誌を読み漁り、
マタニティ関係の記事をいくつか見つけてきましたよ。
読んでみると、
バレエ経験者の医師やインストラクター、助産婦さんたちが考える
いろいろな注意事項やメリットなどが出てきました。


妊婦に進められない運動や動き

うつ伏せの姿勢、勢いをつけたねじり、ジャンプ、バランス、
お尻やかかとをドンとつく、お腹に衝撃を与えるような動作、
瞬発力が必要な動作、振動が強く伝わる動作など。
 ↓
つまり、バレエのパに置き換えると、
前カンブレ、後ろに反るカンブレ、
ルルベ、アラベスク、グランバットマン、
アレグロ全般、ピルエット
などを控えた方がいい、ということですね。


お腹が張ってきたらやめること
 ↓
これは、バレエに限ったことではないですが、
やはり無理は禁物、ということですね。


(経験者を前提に)妊婦が続けてもいいバレエのレッスン方法

1回60分以内、週2・3回。
レオタードは避け、ゆったりとした服装。
水分を十分に取る。
子宮収縮を促す可能性のある「お腹の引き上げ」はやらない。
 ↓
おうちバレエでは、30分くらいの柔軟とバーしかやらないことにして、
バレエでは必須の「お腹を引き上げる」という動作もやらないことに決めました。


妊娠中に行うバレエのメリット

運動をすることによって、身体の調子を整える。
股関節の柔軟性やインナーマッスルの強さが、安産を導く。
クラシック音楽が胎教にもなる。
マタニティブルーの予防に役立つ。
 ↓
ほかに、
「日頃からのバレエ生活によって、妊娠中も体重コントロールが上手」
というバレエ経験者ならではのメリットもあるようですね。
胎児も、生まれる前からバレエに親しむことで、
心身ともに健康的になれるような気がします。


というわけで、次回は、
私が実際にやっている、
おうちバレエのマタニティ版レッスン内容をご紹介します。


今のところ、このおうちバレエで、
筋力低下や、極度の体重増加を抑えつつ、
じんわりとお腹の中を育てています。


なんとかお腹だけを大きくして、
あまり体型を崩さずに妊娠期間を乗り越えたいと、切に願いつつ、
おうちバレエの研究&レッスンに励んでいます…。



スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

べすお様、コメントありがとうございます!

べすおさんも、バレエレッスン中の妊娠発覚だったのですね。

出産後は、バレエに再チャレンジされていないようですが、
時間の余裕ができたら、ぜひバレエの世界に戻ってはいかがでしょう。

私も、出産後はどのタイミングでバレエに戻れるのか分かりませんが、
できれば、バレエで出産後の体型を元に戻したいと思っています。

お子さんもバレエをやっているのですね。羨ましい!
親子でバレエ、というのは本当に素敵ですね!
私も2世代で踊ってみたいです!

また、お暇な時にでも、遊びにきてくださいね!

violetty様、ありがとうございます!

violetty様、初コメント&お祝いのお言葉、ありがとうございます!

妊娠中のバレエについては、
おっしゃるとおり、あまり巷に参考になるものがないので、
本当に、我が身を実験台にしての研究という感じです。

violettyさんがやってみたい実験としては、「背中だけで踊る」なんですね。
実は、私の現在進行形の身体の経験としては、
妊娠すると、お腹よりも、身体の背面に力を入れづらいというか、
無理に使うと、危機を感じる気がするんですよね。
お腹をねじってしまうような気がして、
背面を使うこと自体が怖い感じです。

背中もお腹とつながっている、ということなんでしょうね。
またこれについては、今度本編で詳しくお伝えしようと思っています。

でも、「背中だけで踊る」なんていう、
ちょっとマニアックな視点は、私も大好物です。
背中は見えないだけに、意識して美しくしたいところですしね。
背中の表現力、というのも、私も身につけたいと思いました。

また、お暇なときにでも見に来てくださいね!
何かいい情報がありましたら、逆に教えて頂けると嬉しいです!





もっと早く読みたかった!

丁度1年前の3月27日に出産したそれこそ30台な私です。
上のお姉ちゃん2人がバレエをしているので、私もそろそろ再チャレンジしようかな(高校までやっていたのです)と思って3ヶ月ほどレッスンに通ったところで妊娠発覚orz
妊娠は嬉しかったんですけどね。。。
生まれてきた子もとても可愛いです。
でも~私の体は再起不能っぽいですe-444
ぜひ私の分も成功させてください!!!
現状にカツを入れたくて思わずコメしてしまいました。失礼しました~♪

はじめまして、そしておめでとうございます!

はじめてコメントさせていただきます。violettyと申します。
2年ほど前から密かに愛読していました!いつも密度の濃い、充実した記事を
楽しみにしています。

今日、ふと久々におとづれてみましたら、嬉しいニュースが!思わずコメントを
しているところです^^
本当におめでとうございます!

妊娠されても「踊る筋力と技術をキープして、太らないためのバレエ」。
とても興味があります。これから妊娠する可能性のある大人バレリーナはみんな
知りたいことですよね。むしろ、この分野に特化した専門家がいてもいいくらい!と
思います。(すでにいるのでしょうか・・・)
貴重な体験を、またこれからも教えて下さい^^

私は・・・・そろそろ妊娠をあきらめつつある者ですが、それでも、妊娠した場合バレエのレッスンどうしよう、って(笑)無意識に考えている自分がどこかにいます。

もし・・・もしも、ですが私が妊娠したとして、やってみたいな~と思っているバレエの実験があります。
それは、「身体の後ろ半分だけで踊る」という実験です。
「背中だけで踊る」と言ってもいいかもしれません。
普段は、どうしても身体の前面が力みがちな私なので、それを機に
徹底的に『背中だけ』の人になり、背中の表現力を身につけるための10ヶ月間集中コースにしてしまおう、なんて考えています^^☆

長々とした初コメント、すみません。
これからも愛読させて下さい。
健やかなマタニティ・バレエライフを楽しまれることを、心から願ってます!

ありがとうございます!

モモさん、お祝いのお言葉、ありがとうございます!

発表会、お断りしたんですね。
いろいろ考えて、大変だったと思いますが、
また新たなスタジオが見つかればいいですね。

確かに、大人を教えるのが上手な先生というのは、
沢山はいないのかもしれません。

歳を重ねた身体であることを身をもって知っていて、
大人が理解しやすい言葉で表現して、
しかも、根気よく、大人たちの理解と上達を待ってくれる、
そんな先生がレッスンを受けやすいかな、なんて思います。

見学や体験レッスンであちこち回って、
じっくり探してみてはいかがですか?

スタジオの設備、先生の技術や性格、生徒さんたちの雰囲気など、
ピッタリ合うスタジオが見つかればいいですね。

また新しいスタジオで、
のびのびバレエの練習に励んで下さい。

応援しています!



おめでとうございます!!

発表会の件では相談にのって頂き、ありがとうございました。

先日ちゃんとお断りしました。
私の考えすぎかもしれませんが、発表会に出ないとなったら先生も今までのように教えてくれなくなってしまったようで、なんだか通いづらくなってしまいましたのでv-356、しばらくお休みしようと思っています。

でもレッスンしないでいると上達が止まってしまうので、新しい教室を探して体験レッスンを受けているのですが、今まで教えて下さった先生の偉大さに改めて気づかされた感じです。
大人に教えるのが上手な先生だったと思います。
ほんと色々な先生がいらっしゃいますね。今日はものすごーいおばあちゃん先生でした(笑)
ずっと椅子に座ったままでしたので、こういうレッスンもあるんだな~と不思議な感じでした。

そういえば、初めて習った先生がとっても細くて美しい先生だったのですが、5歳の女の子のママでした。
出産ギリギリまでレッスンしていて、生徒さんに「先生もういい加減やめてください~」って言われる位、バレエを愛している先生。
お腹に赤ちゃんがいるほうがピルエットまわりやすかったそうです!

どうぞお身体大切になさって下さいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。