FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つま先の役割を改めて考える、の巻 

バレエにとってつま先は、とっても重要なポイントですよね。
舞踊としてのバレエを最も象徴しているのが、
このつま先を伸ばすという足の形と、つま先立ちのポアント。
だから、バレエでは常につま先が伸びていないといけない、というわけです。


なので、相当訓練しないと伸びそうにない
外反母趾と偏平足の足を、
なんとかきれいなつま先にするべく、
様々な独自の訓練を試してきました。


例えば、
①家具の下の隙間に指先だけ突っ込んで、ひざを伸ばして座り、
 甲が出るような形でつま先を伸ばし、
 さらに前屈をしてひざ裏を伸ばす、というストレッチ。
 
だったり、

②片足重心で立ったまま、もう片方の足のつま先部分を床に押し付け、
 つま先が湾曲するようにあらゆる方向に曲げてみる、というストレッチ。

などなど、
毎日タンジュを始める前に、こういうつま先のストレッチをやらないと、
つま先を急に伸ばすと足指や足裏がつってしまうのです。


そういうわけで、つま先を気にしながら、
おうちバレエをやっているうちに、
ある日、ふと、気づいたんです。


バレエにとって、つま先って、
伸ばすだけじゃないんじゃない?って…。


よくよく考えてみると、
確かに、バレエではつま先の強化がとても重要なのですが、
その役割は、決して伸ばすだけではないんですよね。


多分、つま先を伸ばす、ということと、同じくらいに重要なのは、

「つま先で重心を取る」

ということではないでしょうか。


これって、本当にバレエならではの動作、特徴だと思うのですが、
だからこそ、バレエの経験が浅いと、
なかなかマスターするのが難しいことなのだと思います。


だって、普段の日常生活でも、つま先重心の生活なんて送っていませんしね。
だいたい、かかと重心で、「休め」の姿勢をとってしまいます。
北海道の人は、雪道で転ばないために、つま先重心で雪道を歩くらしいですが、
そういう特別な場合以外は、重心は足全体か、かかとにかかってしまいがちです。


でも、最近思うのは、
つま先重心にしていると、特に横にタンジュした時、
軸足もタンジュの足も、両方とも足がより外に開くような感じがして、
お尻をしめる力も入りやすいし、
タンジュのつま先も、より伸ばしやすい気がするんです。


軸足の方もつま先に力が集まっているので、
タンジュのつま先もそれに呼応して、
力が入れやすくなるんでしょうか。


逆に、つま先重心にしていないと、
特に横のタンジュでは、伸ばした脚をしまう時、
軸足の長さと、タンジュの脚の長さが変わってしまって、
タンジュの脚の膝をズルして曲げないと、
5番にしまえない、という悲劇が起こります。


もしかしたら、アンドゥオールをより完璧にマスターするにも、
つま先をより完璧に伸ばすにも、
膝を曲げずに動作足を出し入れするにも、
軸足をつま先重心にしないと、できないことなのかもしれません。


試しに、後ろタンジュもやってみましたが、
やはり、軸足のつま先に重心が置かれていないと、
軸足のアンドゥオールも弱くなるし、
逆につま先重心がしっかりできていると、お尻も自然にしまるので、
後ろタンジュの足もアンドゥオールに開くようになって、
軸足かかとの真後ろに、きれいにタンジュが伸ばせるようになりました。


でも、まだまだ…、
つま先の役割はこれだけではないのです。


バレエにはルルベという指先立ちもあるわけですが、
完全に指先で立たないまでも、
タンジュの過程に現れる、アテールからつま先を伸ばす途中の

「指先をすべらせる」

という重要な形があります。


私にとって、これがつま先重心よりも、
つま先を伸ばすことや、ポアントをマスターすることよりも、
何よりも難しいことのように感じています。


アテールも、つま先を伸ばすことも、
分かりやすいので訓練しやすいのですが、
アテールからつま先を伸ばすまでの過程を、ゆっくりやってみても、
膝を伸ばしたまま指先を床から離さずに移動させ、
ついには床への接地面をつま先1点に引き渡すように、
指腹を上げる、ということが、何度やっても難しいのです。


これは、横のタンジュが一番やりやすいのですが、
それでも行きはよいよい、帰りは体中の力が入ってしまって、
足を引き寄せて5番にしまうのが本当に大変。


これを前タンジュ、後ろタンジュもやってみると、さらに難しく、
それこそ重心をつま先にとっていないと、
タンジュのつま先を指だけ折って床に接地する、ということも、
膝を曲げずにアテールにしまうこともできません。


スタジオの先生に教わったことですが、
ロンドゥ・ジャンブ・アテールの時、
前タンジュから足を半円に描くつま先が、
まるで筆のように柔らかくしなりながら、
甲の後についていくように見える動きになることが、
理想だと言っていました。


つまり、足も手のように、柔らかく使えるように、
パーツごとの柔軟性と、動きの美しさをマスターするのが、
本当のバレリーナの足、ということなのだと思います。


つま先は、

「支える」 「なめらかに見せる」 「美しく伸ばす」

という役割があるということに気づきましたが、
それは、

「縁の下の力持ち」 「つなぎの技術者」 「美しい表現者」

の3役が、一人の人の身体の中に備わっているということなのだと思います。


さすが、つま先の舞踊だけあって、
つま先ひとつとっても、これまた奥深い…。


また研究材料が増えてしまいました。



スポンサーサイト

コメント

スッキリ!よかったですね。

モモさん、決断されたんですね。

でも、「これはどうだろう?」と思うフシがあったなら、
今回の決断に後悔はないかもしれませんね。

出演を断ったことで、残念に思う方々がいらっしゃるとは思いますが、
出たい人は、自分のバレエを見せたい人だと思うので、
モモさんが断ったことも、すぐに忘れてレッスンに励むと思いますよ。

気にせず、レッスンを続けたらいいと思います。

ダイエットのお話も、また本編で取り上げますね。

今後も気持ちよくバレエとつき合って、
一緒に上達しましょう!

おかげで少しスッキリしました。

本当に悩んでいましたので、七奈子さんにそう言って頂けて、やっぱり私の考えは間違っていないと気づきました。

今回はお断りしようと思います。

実は一昨年の発表会の直前に入会したので、発表会は一度観ているのです。

経験の浅い私が言うのも失礼ですが、正直に感想を申しますと、ほとんどの方は大人から始めたので、子供の頃から習って成長した方とはやはり違うのです。私も今度踊りたい、とは全く思わなかったのです。その時一緒に観ていた夫には私が今回発表会へ参加するのは歓迎してくれましたが、「あれで15万はちょっと高いねぇ」と言われました。

私より年上の方がほとんどなのですが、皆さんバレエが大好きな事がわかるので楽しんで発表会へ参加する事はとてもいい事だと思います。

今年に入ってからずっと断り続けていたので、もう疲れてしまって出てしまおうかと思っていましたが、七奈子さんに相談して本当に良かったです。

発表会へ出れば上達する、といっても自分自身にやる気がなければ上達なんてしないですものね。

周りのバレエをしている友人がいなかったので、つい長々相談させて頂いてしまいました。
とても助かりました。
ありがとうございます。

今のスタジオに通いづらくなったとしても、バレエは大好きなので私もおうちバレエをしたり、また別のスタジオを探そうと思います。

それから、ポアント履き始めて、改めて体重が重い!という事を実感しましたので、ダイエットの記事も参考にさせて頂きますね。ダイエットは挫折ばかりなのでコツとかあればまた記事にして頂けると嬉しいです。

本当に色々ありがとうございました!

難しいところですね。

モモさん、今回が初めて迎える発表会なんですね。
それで1曲、15万円…。

私なら、今回はパスして、
発表会までの一連の様子を見ると思います。

それは、発表会がどれくらいの規模のものなのか、
内容はどういうもので、
生徒さんたちの実力はどの程度なのか、ということが
一度見れば把握できると思うからです。

その内容によって、
15万円が相応なのか、高いのか、
その金額を出す価値が、今の自分にあるのか、ないのか、
いろいろな面から考えたいところですね。

私が通っていたスタジオでは、
2軒くらいのスタジオを掛け持ちしている人もいて、
今回はこちらの発表会には出ないけど、
片方の発表会には出る、という自由な選択をしていましたよ。

周りの人も、それで変な目で見る人はいませんでしたし、
たとえその人が、
こちらの「くるみ」全幕の振り付けがあまり好きではないから、
向こうの「眠り」を選んだ、と聞いても、
「ふーん、そうなんだ。」ぐらいの反応でした。

発表会のスタイルも、振り付けも、
先生のセンスによるので、
生徒からの好き嫌いがあっても仕方ないですね。

その方は、こちらのレッスン内容が好きだから、
という理由でレッスンだけ通っていたのですから、
そういう学び方もあるんだな、と思いました。

周りの人に誘われて、断りきれない、という状況は
どこのスタジオでも見られる光景ですが、
できれば、そのスタジオの発表会に最初から納得していて、
「私も次は、このスタジオの発表会に参加したい!」
という熱意を持って向き合うことが、一番気持ちがいいことだと思います。

そう思えるようになるにも、
一度パスして、様子を見るというのもいいかもしれません。

発表会は参加するかしないかが問われる、
「イベント」ではなくて、
あくまでも完成された作品を披露する、
「公演」であってほしいと思いますので。

出演者は、まずは、「出たい気持ち」をはっきりさせてから挑むのが、
バレエや発表会と楽しくつき合う方法なのかな、なんて思います。

うーん、難しいお立場なのだとは思いますが、
私なら、「今回はパス!」と言ってしまうと思います。

あくまで、ご参考まで、ということで…。

ありがとうございます!

七奈子さん、いきなりの質問でしたのに、丁寧で親切にお返事下さって有難うございます。

やはりどんな踊りでも舞台に立つとなると練習量も増えますし、上達するという事がわかりました。

せっかく習っているのだから、少しでも上達したいですし、やっと少しづつですが基本がわかってきたような気がしていて、もう少し練習量を増やしたいとは思っていたのです。

今の教室で発表会を迎えるのは、私は初めてで、休まず練習へ通っているので、ずっと通っている皆さんから熱心なお誘いを受けている状況です。

どうしても参加に踏み切れないのは、やっぱり費用なんです・・・。

参加者全員大人も子供も同じ金額なんですよね。
私を含む今回の発表会が初めての2人以外、3~4曲踊ります(子供もです)。しかも一曲が長いんです。

先生には「一曲でもこの金額なんですか?」と聞いたところあまり納得できる理由を頂けませんでした。

沢山踊るなら、この値段でもあり得るかもしれませんが、1曲しかも数分で皆と同じというのはどうも不公平な気がしてならないのです。

1曲5万円位でしたら、それほど迷わず参加していたと思います。
ただ、熱心に誘われて迷った挙句参加しない、というのは他の人達にはどう思われるのだろう、通いづらくなるのかな、と心配です。
今の教室は場所や時間帯など通いやすいので。

七奈子さんでしたら、こういう場合でも発表会へ参加されますか?

コメントありがとうございます!

モモさん、コメントどうもありがとございます!
現在は、発表会に誘われて、迷っているということなんですね。

発表会に出ることで得られるもの、というと、
やはりバレエの上達の「スピード」だと思います。

バレエのレッスンは、
全て舞台で踊るために必要なもので構成されているので、
実際に舞台用に振り付けされた踊りを踊ってみると、
どんなに簡単な踊りでも、
つま先やポジション、正しいパの動きができていないと、
舞台では全然バレエに見えなかったりするんですよね。

だから発表会の練習期間に、
自分でも基礎の基礎からやり直そう、マスターしようと思って、
なんとか本番までに間に合わそうとするので、
一気に上達するのではないかと思います。

舞台では、踊りだけマスターすればいいのではなく、
物語と役柄に合わせた感情表現も付け加えないとならないので、
普段のレッスンで行うアンシェヌマンとは全く違うものとして、
踊りが完成すると思います。

また、人に見られることで、
バレエを「見せる」「魅せる」踊りにしようという意識が
高まるようにも思います。

緊張感の中、踊り終えた後に拍手をもらったら、
今までレッスンでは味わったことのない感動も味わえます。

たとえ、お遊戯みたいな踊りでも、舞台に出るとなると、
どこまで正確にきれいに踊れるかは、
想像以上に難しいことだったりします。

私の経験では、実力以上のことはもちろん、
普段できていることも、
舞台では緊張して、完璧にはできなかったりするので、
少し簡単に思えるくらいの振り付けの方がミスなく踊れて、
しかも基礎を身につけるきっかけにもなったりするので、
最初の発表会は、
レベルの高くない踊りで参加する方がいいのではないかと思います。

まだまだ「得られるもの」というのは沢山思いつきますが、
今度本編で取り上げることにしますね。

ただ1つ、気になるのは、
モモさんのスタジオの発表会費用がお高いかなあ、とも思います。
私が今まで参加したことのあるスタジオでは、
1曲5万円くらいが平均だったので。
費用さえ、問題がなければ、
発表会は出る意味が沢山あると思いますよォ!

バレエに励む仲間として、これからも一緒に頑張りましょう!

はじめまして。

発表会で色々検索していたら、こちらへたどり着きました。
モモと申します。

バレエ歴は4年位になり、今年からポアント履き始めました。
もうすぐ40歳の主婦です。

今夏の発表会へ誘われて困っています。
大人は出ない人もいるのですが、そういう方は今年からレッスンへ来ていません。

25歳までモダンを習っていたので発表会は何度も出ていますが、クラシックは大人から習っても美しく踊れるには程遠いので、発表会は出たくないのです。それと費用の問題もあります。
(費用は均等割りで私のように1曲でも15万円なので・・・)

もう断るのに疲れて、一度は参加を決めようと思いましたが、やはり色々考えてしまって。

そこで、大人からはじめた人が発表会へ出る事で得られるものについて教えて頂けると嬉しいです。

発表会ではポアント履きません。
発表会へ出ると上達するから~と言われ誘われていますが、
子供も一緒に踊るのでお遊戯?みたいな感じでそれでも上達が望めるのか疑問に感じています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。