スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃に返って、子供バレエの続きを… 

夏の発表会が終わってから、
体が随分変わったなあ、としみじみ思います。

それは、夏の前から始めたおうちバレエのおかげで、
8キロ近く痩せたということと、
体が軽くなったおかげで、
ルルベが高い位置で保てたり、バランスがよくなったり、
足がより高く上がるようになったり、
回転もクルクル回れるようになったり、と
なんだか随分と運動神経のよい体に進化しています。

進化というのは、大人の体として考えてみれば、
ということですが、実際は、
子供の頃の身軽さに戻ったような感じです。

体の柔軟性も子供の頃のように柔らかさを取り戻しているし、
体が大人になった分、
足の強さやバランスの良さが、
子供の頃の体よりも上回っているような気がします。

ここ最近、自分でもよく分かるのですが、
センターレッスンでのアンシェヌマンなど、
半年前に比べて、随分と上達しています。

なので、心に決めました。
もう大人バレエはやめようと。
これからは、大人の体だからと差し引いてバレエをしない。
子供の頃、バレエをやめたあの日に返って、
そこから、また子供バレエの続きを始めようと…。
子供の頃に、憧れていてできなかったパや、
踊りが沢山あります。

これからは、そういうものにどんどんトライしていこうと思います。
中でも、真っ先にマスターしたいと思っているのは、
複数回のピルエットとフェッテ。

フェッテは、形はしょっちゅう崩れますが、
調子のいい日は、6~8回くらいは回れるようになりました。
これを、ダブルで入ってダブルで終わる、
みたいな高度なことができるようになったらいいですね。
ピルエットも結構練習しているので、
これをなんとかマスターしたいと思います。

ほかに、完全マスターしたいものは、アラベスクです。
足を135度くらいまで上げて静止できるのがとにかく夢です。
やはり、子供の頃にバレエをやっていたことが、
こういうところで効いていて、
背中の柔軟性と背筋の強さは、しっかり残っているのです。
なので、あとは上げる脚の問題と、軸足のバランスです。
全てがうまく整えば、美しいアラベスクがマスターできるのかもしれません。

もう、目標は、発表会に出ることでもなく、
ヴァリエーションやパ・ドゥ・ドゥを踊ることでもありません。
とにかく、子供の頃に諦めた自分に戻って、
もう一度チャレンジすること。その続きをやること。

なんだか、昔の自分に出会えたようで、
懐かしくて、嬉しくて、心地よい気分です。

今日から、私のバレエ人生もなんだか大きく変わりそうです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。