FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後リハビリバレエ ~完全母乳でダイエット 

出産から2ヶ月が過ぎ、育児をこなす生活にも慣れてきました。
娘も少しずつ成長して、まわりの大人だけでなく、
テレビにも反応するようになってきましたよ!
特に歌と踊りが好きなようで、
誰かが歌って踊っている映像が流れると、
まばたきもせずに画面に釘付けです。


バレエも好きになってくれると嬉しいのですが、
今のところ、クラシック音楽にはあまり反応しません。
バレエは総合芸術なので、なんならバレエとの最初の遭遇は、
いきなり生の舞台を見せるのがいいかもしれませんね。
そして初めて観た感想を聞いてみたいです。


となると、まだまだ先のことになってしまいますので、
その前に、毎日母親がやっているおうちバレエに興味を持ってもらえるといいのですが。
それには、毎日楽しそうな顔でやっていないといけませんね。
柔軟も筋トレも、苦しそうな顔をしていちゃダメですね。


さて、1日中子育てを家の中でやっていると、
家事もろくにできないくらい、子供に振り回されて、
結構時間がないものですね。
でも、おうちバレエだけは欠かさずにやりたいので、
1日のうちにいいタイミングをみつけて子供を寝かせ、
なんとか続けています。


まだ恥骨や腰の痛みが長引いていて、
腰の柔軟がまだまだ自由にできない状態ですが、
腹筋や背筋は妊娠前と同じくらいできるようになってきました。
時間が短くても、毎日続けていることが重要なんですね。
筋肉はしっかり、昨日やったことを覚えてくれています。


さて、問題は産後の体重とプロポーションです。
プロポーションに関しては、お腹の伸びた皮がきれいに締まるまで、
ちょっと時間がかかりそうな感じですね。
皮の下に脂肪をつけないように、腹筋をして、しばらく様子見です。
あとは、骨盤を引き締めるために、骨盤ベルトを毎日締めています。
こういうものがどれくらい効いて、いつ頃元に戻るかは未知ですが、
効能を信じて、とりあえず続けるのみです。


なので、残るは体重ですね。
こちらは努力次第で元に戻る類のものです。
現在も妊娠前から3kg増の体重に変化はありません。
というのも、産後、母乳が発達してきたことで、
どうしても食欲が沸いてくるので、
育児の過酷な労働下では当然減っていっておかしくない体重も、
その分食べているので、全然減る傾向にありません。


ところが、先輩ママからよく聞く話に、
「完全母乳で育てると、体重がどんどん減っていく」というのがあります。
母乳がたくさん出れば、それだけ自分の血液が流れ出るわけだから、
取った栄養も、溜まっている栄養も、どんどん流れ出て、
体もどんどん痩せていく、ということなのでしょう。
さらに母乳は子供にとっても栄養抜群の飲み物だし、
粉ミルクと違ってタダ! とっても経済的なわけです。


とはいえ、母乳なんて、
誰でも子供を産めば必要量ぐらい出るものかと思っていたら、
全くそうではなく、
最初から出る人は出るようですが、あまり出ない人の方が圧倒的に多いようですね。
私も最初から多く出る人ではなかったので、
とにかく授乳が始まった産後直後から、
完全母乳を目指して、あれやこれやといろいろやってみました。


①マッサージとポール・ド・ブラ

マッサージは、病院で妊娠中に習った乳房マッサージです。
乳房の脇、下を、身体からはがすように手の平でマッサージしたり、
乳首を柔らかくするようにマッサージしたりします。

それから、乳房まわりの血流をよくするために、
ポール・ド・ブラを念入りにやってみました。
これはバレエの練習にもなるし、
胸を張って胸や腕の筋肉も使うので、
バストアップにも役立つように思います。
母乳が溜まって大きくなった胸も、
ポール・ド・ブラで形崩れが防げるのではないかと期待しています。


②ゴボウなど、根菜を食べる

マタニティ仲間で知り合った友人に、
産婦人科の病院で調理の仕事をしていた人がいたんです。
その方に、病院で作っていた産後用のメニューの中で、
母乳が出るのを促す食材は何か聞いてみると、
意外にもゴボウがいいそうなのです。

その方によると、母乳を出すための薬としてゴボウの種が使われているくらいなので、
ゴボウを食べると母乳の出がよくなるらしいのです。
ゴボウ以外にも、人参やレンコン、大根といった根菜がいいそうですね。
確かに、入院していた頃のメニューも、根菜が多かったような気がします。


③頻回授乳

母乳はたくさんあげればあげるほど出がよくなるそうなので、
最初は3時間おきだった授乳も、2時間おき、1時間おきなど、
頻繁にあげるようにしてみました。
すると、粉ミルクをあげなくても、
母乳だけで赤ちゃんが満足するようになったので、
徐々に粉ミルクを減らしていきました。


一時期、母乳だけでもいけそうだったので、
数週間、母乳だけで育ててみたのですが、
検診の時に、あまり体重が増えていなかったので、
また粉ミルクを少しあげることになりました。


なので、完全母乳まではあともうちょっと、というところなのですが、
助産師さんの話では、地道に母乳をあげていれば、
完全母乳になる人もいるそうです。


完全母乳になると、本当に体重が戻るらしく、
人によっては、授乳時期だけ、いくら食べても太らないという
夢のような体質になるらしいので、
私もその境地を目指したいところです。


出産は、病気でもなく、普通の肥満でもないので、
身体も、産後の子育てに必要な身体に変化しているため、
素直に子育てをすることが、いち早く身体を元に戻す方法なのかもしれませんね。


人体の不思議…。本当にうまくできています。


なので、当分は子育てに専念して、
子育てにふさわしい身体作りをして、
さらにその身体を駆使してダイエットをしていこうと思います。


今は、いくらバレエをやっても、ウォーキングをしても、
劇的に痩せることはないようなので…。


産後は「母乳でダイエット」。
これに賭けてみます…。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。