FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃に返って、子供バレエの続きを… 

夏の発表会が終わってから、
体が随分変わったなあ、としみじみ思います。

それは、夏の前から始めたおうちバレエのおかげで、
8キロ近く痩せたということと、
体が軽くなったおかげで、
ルルベが高い位置で保てたり、バランスがよくなったり、
足がより高く上がるようになったり、
回転もクルクル回れるようになったり、と
なんだか随分と運動神経のよい体に進化しています。

進化というのは、大人の体として考えてみれば、
ということですが、実際は、
子供の頃の身軽さに戻ったような感じです。

体の柔軟性も子供の頃のように柔らかさを取り戻しているし、
体が大人になった分、
足の強さやバランスの良さが、
子供の頃の体よりも上回っているような気がします。

ここ最近、自分でもよく分かるのですが、
センターレッスンでのアンシェヌマンなど、
半年前に比べて、随分と上達しています。

なので、心に決めました。
もう大人バレエはやめようと。
これからは、大人の体だからと差し引いてバレエをしない。
子供の頃、バレエをやめたあの日に返って、
そこから、また子供バレエの続きを始めようと…。
続きを読む
スポンサーサイト

スケートみたいにクルクル回りたい! 

秋も深まり、フィギュアスケートの季節がやってきました。
大会の様子をテレビで観ていると、
本当によく目が回らないものだと感心するくらい、
スケートの高速スピンの回転は速いですね。

バレエでは、あんな風には回れないので、
スケーターの方たちの方が三半規管は強いに違いありません。
いったい、どこを目印に見て回っているのか本当に不思議です。

でも、どういうわけか私は、
スケートのスピンや、男性バレエダンサーの高速ピルエットを目にすると、
不思議とピルエットが沢山回れる、という癖(?)があるんです。

というわけで、最近はスケートの大会や発表会のDVDを観ているだけに、
やはりピルエットが上手く回れるようになっています。

いったい、なんなんでしょうね? 
その日テレビやDVDで観た見た上手な踊り手が乗り移ってくるのでしょうか。
普段は、プリエも浅くて、バランスが取れずに失敗することが多いピルエットも、
ここのところは、3回転くらい連続して回れるんです。

でも、毎回、奇跡的にできるだけで、
時間が経つと、またできなくなってしまいます。
なので、今できるうちに、そのコツをはっきり覚えておこうと思い、
どういう風に回ってみたか、記録に取ってみました。

続きを読む

食欲の秋<スポーツの秋<芸術の秋 

ここのところ仕事が忙しいので、
スタジオレッスンは欠席続きですが…、

家では時間を無理やり割いて、
おうちバレエを継続しています。

食欲の秋なので、
うまいものは旬をはずさす、しっかり食べます。
サンマ、栗ご飯、芋煮、柿…などなど。
強いほうではないですが、お酒も毎晩飲んでいます。

でも、それ以上に体を動かしているので、
ダイエットはリバウンドなく続行中です。
本当にじわじわ、のろのろ進行ですが、
体重は減り、筋肉量が上がっています。

今朝の段階で、また1キロ減っていました。
これでダイエットスタート時より7キロ減!
期間は、約半年です。

やっぱり効果があるのは、おうちバレエですね。
芸術の秋、ということで、
これがスポーツするより、ダイエットに効き目アリ、です!

続きを読む

ボディビルダーのように! 

ここ最近、気温が低くなってきましたが、
筋トレ&おうちバレエは毎日続けています。

おかげで筋力維持、体重維持&時々減少、ということで、
なかなか健康的な日々を送っています。

それにしても、毎日おうちバレエをやっていると、
脚の形がみるみる変わってくるものなんですね。

大人から始めたバレエだと、
あまり体型は劇的に変化しないと思い込んでいたのですが、
脚などは痩せて細くなるばかりではなく、
筋肉のつき方や、骨のしなりぐあいなどにも変化が出てきて、
脚全体の形が別人のように変わってきました。

これには、私なりに理想のモデルがないたのですが、
それはバレリーナでもダンサーでもなく、
実は、ボディビルダーなんです。

続きを読む

踊るヒカルゲンジを観てみたい… 

ヒカルゲンジといっても、
ジャニーズではありません(笑)。

紫式部が書いた『源氏物語の』主人公、光源氏のことです。

実は昨日、横浜美術館で開催されている、
特別展「源氏物語の1000年」に行ってきました。

今年は源氏物語が誕生してからちょうど1000年になる年ということで、
各地でイベントが行われているようですが、
横浜美術館でも8月から源氏物語展が開催されています。

源氏物語は、大学で結構専門的に学んだこともあり、
今回の特別展は絶対に見に行こうと思っていたのですが、
結局終わる数日前にすべり込む形となってしまいました。

というわけで、私と同じようにすべり込みセーフを狙う人々が集まり、
入り口の外には500人くらいが並ぶ長蛇の列!
館内でも大混雑の中を観覧することになりました。

とはいえ、やはり日本人の心を揺さぶる物語だからこそ、
これだけの人気と人手なのでしょう。

館内の展示物も、こういう時ではないと見られないような
重要文化財の原本や、絵巻、平安時代の調度品や十二単など、
貴重なものばかりが並んでいて、圧巻です!

「あさきゆめみし」など、漫画にもなっている源氏物語ですが、
物語が宮中の恋愛物語が中心なので、
登場人物も多く、生き様も華麗で、豪華絢爛な世界。
物語の展開も面白いので、舞台や映画向きの話でもあります。

というわけで、ここはひとつ、バレエで観たい ところですね。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。