FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しい東京で、なぜか激太り! 

北海道でバレエを習い始め,
さらにおうちバレエを続けたおかげで、
30代になっても20代の体重をキープ!

それから2年後、
北海道から再び東京へと戻ってきました。

ここで夫の職場に近い場所に新たな家を探すことになり、
その間は夫の実家に同居させてもらうことになりました。

とても、居心地のいい居候生活でしたが、
夫の両親も兄弟もみな働いていたので、
こんな状況に甘んじていてはいけないと、
私は専業主婦となって一切の家事を請け負うことを申し出たのです。

家事は結構好きな方なのですが、
実家の家族は、兄弟夫婦や子供などが集まると、
多い時には7~8人となり、
食事の支度や洗濯、買い物などが大変!

しかし、そのおかげで、家事が程よいエクササイズになり、
夫の実家で遠慮していたおうちバレエをやらなくても、太る兆しはなく、
体型を気にすることなく毎日を送ることができました。

それから数ヶ月後、ようやく新居に引越し、
東京の片田舎で新たな生活がスタート!
私も仕事を再開し、新しいバレエ教室にも通い出しました。

北海道と違って、やはり東京は、
街も仕事も生活も、全てがせわしなく動いています。

そのうち、私の仕事もだんだんと忙しくなってきました。
自宅でのデスクワークが中心だったこともあり、
ついつい家に閉じこもりきりとなってしまい、
さらに家ではずっと座ってばかりの状態で…。

というと、どこかで聞いたような話ですね…。
続きを読む
スポンサーサイト

夢のおうちバー&おうちスタジオを設置! 

知り合いもおらず、運動不足にも悩まされていた北海道で、
唯一家の中で楽しめたことは、昔習っていたバレエを踊ること。

バレエは幼児から始めて、
かなり熱心に練習を続けていたのですが、
小学校6年生の時に挫折。

思春期だったこともあり、
やめてからは、バレエの「バ」の字も思い出さないくらい、
完全に記憶から抹消していました。

ところが、見知らぬ土地に引っ越して、
自然の雄大さや脅威と向き合うような
慣れない生活を送っていたからでしょうか。

ここへきて、急に昔のことが懐かしく思い出され、
体中にバレエの記憶が一気に蘇ってきたのです。

そんな私が家の中でちょこちょこ踊っているのを見て、
夫は、密かに職場の上司に頼みごとをしてくれていました。

それは、上司の娘さんが隣町でバレエを習っていたので、
いつも娘さんの送り迎えをしている上司の奥さんに頼んで、
私をバレエ教室の見学に連れて行ってもらえないか、ということでした。

何の楽しみもない北国の田舎町で、
唯一存在した体を動かせるお稽古ごとがバレエ教室だったということは、
これも何かの縁だったのかもしれません。

まさか教室に通うことまで考えていなかった私は、
突然切り出された見学の話にはしばらく渋っていたのですが、
夫がかなり強く勧めるので、
夫と上司の関係にも気を遣って、見学に行くことにしました。

続きを読む

北の大地で、20年ぶりのバレエを再開! 

夫の仕事の都合で北海道へ移り住み、
しばらくは、広大な空の下で自然豊かな大地に戯れ、
北の国ライフを満喫。

そのうち、北海道での暮らしが
東京育ちの人間には運動不足になりやすいと知ると、
自ら家の中でストレッチを始めていました。

「私、コレできるんだ!」
「ワァ、すごい! なんで?」
「子供の時、バレエやってたからね。」
「へぇ~…。」

足を手で持って横に持ち上げるY字バランスを見せた時、
夫が初めて見る妻の小さな得意ワザに、
思わず漏らした感嘆の声。

夫はバレエをあまり観たことがないのか、
やけに感激しており、そのうち、

「もっとバレエやって見せて!」

と言って、私の前に観客のように座り込みました。

私はリクエストに答えるべく、
20年ぶりにアラベスクやアチチュード、
ピルエットをお披露目。
その度に

続きを読む

お肌の曲がり角&プロポーションの曲がり角 

今朝、冷蔵庫を開けたら、
ヨーグルトが容器に少しだけ残っていたので、
洗顔のついでにヨーグルトパックも追加。

ただ顔につけるだけの簡単なパックですが、
毛穴の汚れが落ちて、結構キレイになります。

でも、最近はおうちバレエで毎日汗を流しているので、
顔の毛穴にも汚れが少なく、
ここ最近はニキビも出ません。

そういえばお肌の曲がり角、というか
「急カーブ」を30歳頃に体験しましたが、
まさかプロポーションにもその急カーブがやって来るとは知りませんでした。

例えば、妊娠や出産を経験した場合は、
当然、体型の変化があるにしても、
そういう経験がないまま年齢を重ねる場合も、
いろいろなものが急カーブで上がったり、
下がったりするものなんですね。

私の場合、
急激に上がったのは、体脂肪率。
急激に下がったのは、基礎代謝量。

実は、つい最近までこういう体の老化に気づくことなく、
幸いにも20代の体型を維持したまま、なんとか太らずにいられたのです。

その大きな要因は、その頃に住んでいた北海道にありました。

「試される大地! 北海道」  (←当時のキャッチコピーです)
続きを読む

貴族のおバレエ 

今日は、スタジオレッスンの日。

夜のクラスなので、上手な中高生や、
長年バレエを続けている大人の方も来るので、
ちょっとレベルが上がります。

今日のテーマは、美しい顔のつけ方。
レッスンでは、いつもポールドブラや顔の方向、
目線などに気をつけていますが、
向きが甘いと、やはりカッコよくポーズが決まりません。

私は、子供の頃にバレエをやっていたので、
ポールドブラなどは身についているはずなのですが、
ここでちょっと苦戦しているのは、
昔習ったバレエと、現代のバレエは少し違うからなんです。

というのも、
昔のバレエでは簡単だったパが、
現代のバレエでは少し高度になっていたり、
また、ポールドブラなども、
昔より少し派手めな表現に進化しているように思います。

なので、貴族から生まれたバレエが、
現代ではより派手に華やかに表現された芸術になっているので、
これをド庶民が身につけるのは大変な苦労です!

なので、いつも先生が言うように、
続きを読む

さあ、今日もおうちバレエ! 

バレエのレッスン日は、火曜日と木曜日。

だから、今日はレッスンはお休みの日なのですが、
私はいつものように、おうちでバレエを練習します。

練習場所は、玄関の前のちょっと広くなったフローリングのスペース。
電話の背後にある仕切りの壁が、ちょうど片手でつかみやすい厚さで、
いつもその壁をバー代わりにつかんで、バーレッスンをしています。

大体いつも動きやすい格好をしているので、
足だけは「おうち用バレエシューズ」を履いて。

おうちバレエは、スタジオレッスンとは違って、
あくまでも自主練習なので、バーレッスンもマイペース。

足の位置や筋肉の使い方など、いろいろ確かめたいから、
音楽はあえてかけません。

この気軽さが、おうちバレエを続けるコツ!
1日、大体30分間くらいですが、
バーレッスンだけでも、汗がダラダラと出てきます。

その後、スタジオレッスンなら、
ストレッチやセンターレッスンに入りますが、
私の場合は、ジャージに着替えてすぐに散歩に出かけます。

なぜ、このタイミングで散歩に出かけるのかというと、

続きを読む

今日から綴る、秘密のバレエライフ 

大人バレエを始めたのは、今から5年前。

子供の頃に習っていたとはいえ、
20年ぶりに再開したバレエは、
長年の運動不足がたたって、体はとてつもなく硬くて重く、
動きも鈍い上に覚えも悪くて、なんともヒドイ有り様でした。

それでも、毎日柔軟を続けていくうちに、だんだんと体も動くようになり、
2年目くらいからは、それなりに形になったバレエを踊れるようになってきました。

ところが、ある日を境に、どういうわけか急にムクムクと太りだし…。

週2回のバレエレッスンでもなかなか痩せなかった30代後半の体が、
今年から始めた「おうちバレエ」&ダイエットによって、3ヶ月で5キロ減!

現在も、体重キープのためにやめられなくなったおうちバレエを続けつつ、
日々、バレエのことを考えながら暮らしています。

この日記は、大人バレエの初歩をようやくマスターし、
さらに一歩前進するために、密かにおうちで研究に励む、
秘密のバレエ日記。

今日から、お教室のことや発表会のこと、
バレエ公演の感想や、大人バレエの悩み・楽しみなど、
バレエのことを中心に、もろもろ綴っていきま~す!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。